不倫調査を行うときの注意

不倫調査を行うときの注意

不倫調査の前に知っておくべきこと

探偵事務所を訪れるとき、事前に忘れずにチェックしておいた方がいいのが、素行調査の際の料金の仕組みです。調査時間制、ひっくるめたセット料金、成功した場合の報酬といったふうに、申し込む探偵によって費用請求に関する設定が違うから、必ず確かめておきましょう。

サラリーマンである夫が「誰かと浮気中?」と感じても、仕事を持っていてそれ以外の時間だけで妻の浮気を調査するのは、相当厄介なことなので、離婚に至るまでにかなりの年月を費やすことになるのです。

専門家に依頼した方がいい?請求される費用はどれくらい?調査はだいたい何日間?浮気・不倫調査を任せても、うまくいかなかったら立ち直れないかも。あれこれ気がかりなのは普通のことなんです。

一瞬安く感じる基本料金は、調査する場合絶対に必要な料金ですから、ここに加算の料金があって全体の費用が決まるのです。素行調査の対象人物の職業や住宅の周囲の状況、一番多い交通手段によって違うので、料金だって変ります。

どうやって使うのかはバラバラ。けれどもターゲットとなっている人が購入したモノであるとかゴミに出されたもの等という具合に、素行調査で想像よりも膨大なデータを得ることができます。

 

不倫調査で手に入るもの・入らないもの

不倫調査を行うときは、依頼される人によって調査の詳細に差があることがよくある依頼だと言えるのです。従って、依頼した調査に関して契約内容が詳細に、かつ確実に網羅されているかについて確認する必要があるのです。

給料や不倫・浮気の期間の長さにより、請求できる慰謝料が高い場合や安い場合があるに違いない!なんて先入観も持たれやすいのですが、現実はそうではないんです。大部分は、受け入れられる慰謝料の額は約300万円です。

そのときの事情によってバラバラなので、明言することは不可能ですが、不倫によるトラブルで最終的に離婚したなんてケースでは、慰謝料として支払う金額は、約100万円から300万円そこそこが平均的な額です。

慰謝料を払え!と詰め寄るために必要な条件をパスしている状態でなければ、要求できる慰謝料が低額になったり、条件によっては不倫・浮気の加害者に1円も請求できないという場合もあり得るのです。

浮気や不倫の情報や証拠を集めるのは、夫に説諭するという時にも欠かすわけにはいけませんし、例えば離婚する可能性が少しでもあるのなら、証拠収集の必要性がもう一段階高まっていきます。

 

プロの不倫調査が凄い!

元カレ、元カノから慰謝料が必要だと詰め寄られたとか、セクシュアルハラスメントの悩み、これだけじゃなく他にも多様なお悩み相談が存在します。一人ぼっちで抱え込まないで、是非これという弁護士に頼んでみてください。

私たち一般人は同じようにはできない、質のいい求めていた証拠を入手することが出来ちゃうので、失敗が嫌なら、プロの探偵や探偵事務所、興信所等に浮気調査を任せる方が一番いいと思います。

夫や妻と話し合いたいケースでも、浮気していた相手に慰謝料として損害賠償請求するときも、離婚するときにいい条件で調停や裁判をするためにも、効果の高い証拠の品を用意していなければ、上手くことは運ばないのです。

浮気・不倫調査というのは、探偵事務所に依頼するというのがベストな選択です。たっぷりと慰謝料を払わせたい人や正式に離婚を考えているなんて方は、言い訳できない証拠を持っておくべきなので、なおのことそうするべきです。

対応する弁護士が不倫問題のケースで、とにかく優先するべきであると考えているのは、お待たせすることなく動くと言い切れます。請求をする、されるといった立場の違いにかかわらず、素早い行動や処理が必須です。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *